Q.債務整理をすると、給料を差し押さえられますか?

A.差押えられる場合もありますが、全額が取られるわけではありません。

 

もし、債務整理をする前に提訴されて判決を取られていたり、公正証書を作成している場合は差押えの危険があります。

しかし、民事執行法では差押禁止債権として給料・賃金などを規定しており、これらの債権については1/4までしか差押えを認めていません。よって、給料・賃金の3/4部分については差押えをすることはできません。(ただし、給料・賃金が44万円を超える場合には、一律33万円が差押え禁止額になります)


なお、債務整理のうち自己破産を選択した場合ですが、同時破産廃止決定などが確定し、破産手続きの終結が決定されていれば、免責が決定し、確定するまでの間は、破産者の財産に対して強制執行や仮差押え・仮処分などができなくなり、すでになされているものについても中止されることになりました。さらに、免責が決定・確定した場合にはすでになされていた強制執行などは効力を失います。


また、債務整理のうち個人再生を選択した場合ですが、個人再生を裁判所に申し立てると再生手続開始決定が出て、その後に本格的な再生手続きが進んでいきますが、この再生手続開始決定後は債権者は差押えをすることができなくなります

▲このページのトップに戻る