Q.債務整理をすると、保証人に請求がいくのですか?

A.はい、保証債務は残ってしまうためです。ですから保証人さんには、早めに、正直に事情を話すことが必要になってきます。


債務者本人が債務整理をしても、保証人には影響ありませんので債権者は保証人に請求をすることになります。
例えば、債務者本人が自己破産をして免責されたとしても、それは保証人には何の影響もありません。
よって、債務者の他に連帯保証人がいるのであれば、今度はそちらに借金の督促が集中することになります。よって、保証人に迷惑はかけられないとの理由で債務整理を躊躇しても何の解決にもなりません。
ですから、自分が債務整理をする前に必ず保証人にも今の実情を正直に話して、その保証人を含めた債務整理を考える必要があります。場合によっては保証人も債務整理をする必要がでてきますがそれも仕方ないでしょう。


とにかく大切なことは保証人に対して誠意をもって全てをきちんと説明するということであり、そのような義務が債務者にはあるのです。

▲このページのトップに戻る