過払い金請求

【過払い金が140万円までの場合】

  ⇒代理人としての支援

契約事務手数料:1万5,000円 (税抜)

回収額の20%(税抜)

  • 報酬は回収した過払い金で精算させていただきます。ご依頼者様から直接お支払いをしていただくことはありません。
  • 訴訟による回収の場合でも、追加報酬は発生しません。
  • 訴訟により回収した場合、請求額により数千円から数万円の印紙・切手代がかかりますが、当事務所が立て替えて、最後に過払い金で精算します。

 (例)

  1. 完済後の債権者から訴訟しないで50万円回収した場合
    報酬総額⇒12万6,500円
    (内訳:契約事務手数料1万6,500円+過払い金報酬11万円)
    ご依頼者様への返金額⇒37万3,500円
  2. 完済後の債権者と訴訟して100万円回収した場合(印紙代1万円+切手代約6,000円、の場合)
    報酬総額⇒24万2,500円

    (内訳:契約事務手数料1万6,500円+過払い金報酬22万円+印紙代1万円+切手代約6,000円)
    ご依頼者様への返金額⇒75万7,500円 

   

【過払い金が140万円を超えた場合】 

    ⇒裁判書類作成による支援

契約事務手数料: 1万5,000円(税抜)

訴状作成…7万円(税抜)

 その他の書類作成(準備書面等)…1回につき3万円(税抜

  • ご依頼者様が裁判を起こすための書類作成をおこないます。代理人になるわけではありませんので、当事務所の料金は最低限に抑えさせていただいております
  • ご自身で内容を理解して裁判をしたいご依頼者様におすすめしています。ご自身で裁判所へご足労いただく必要がありますので、お勤めが忙しい方や、代理人を付けたいというご依頼者様には、無理をせず弁護士さんをご紹介しております。
  • 料金は、ご依頼者様が過払い金を回収した後に(原則としてご依頼者様口座へ返金)お支払をいただければ結構です。
  • ご依頼者様が訴訟を起こさず、任意に交渉して回収される場合、当事務所の料金は発生しません。
  • その他、裁判には、請求額により数千円から数万円の印紙・切手代がかかります。

 (例)

 訴訟を起こして、第2回期日に受託和解に至り、200万円回収した場合
(印紙代1万5,000円+切手代約6,000円、訴状及び準備書面1通を作成)
 報酬総額⇒14万7,500円
(内訳:契約事務手数料1万6,500円+訴状7万7,000円+準備書面3万3,000円+印紙代1万5,000円+切手代約6,000円)

▲このページのトップに戻る