Q.自己破産とどこが違うのですか?

A.主な違いは次の4点です。

@借金が残るか

自己破産をすると借金は全てなくなります。自己破産では破産手続開始決定後の収入・財産は原則としてすべて破産者のものとなり自由に使用・処分しても構いません。

個人再生では借金を大幅に減額しますが、原則として減額された借金を3年かけて返済していく必要があります。その返済額は自己破産をしたと仮定した場合に債権者に配当できるであろう額を上回る必要があります。

 

A住宅を維持できるか

自己破産の場合、住宅を所有していると強制的に換価処分され債権者に配当されますが、個人再生では住宅ローン特則を利用すれば、住宅を維持しながら借金の整理ができます

 

B免責不許可事由があるか

個人再生では、自己破産のような免責不許可事由はないので浪費・ギャンブルなどで多額の借金をしてしまった人でも、要件に合致さえすれば利用することができます

 

C資格制限があるか

個人再生では、自己破産のような資格制限もないので、会社の役員、宅建取引業者、警備員、生命保険の募集人、損害保険の代理人などの職に就いたまま利用が可能です。

▲このページのトップに戻る