Q.パートやアルバイトでも個人再生を利用できますか?

A.利用できる場合があります。

個人再生は、自己破産と違い、再生計画案で決まった額を将来の収入の中から分割返済していく必要がありますので、「将来において継続的にまたは反復して収入を得る見込がある」という要件を満たしている必要があります。

 

ただ、パートやアルバイトの方で勤務先が変わる可能性があっても、別の勤務先で引き続き就労することが客観的・一般的にみて可能であると考えられる方であれば、この要件を満たすとされています。裁判所が公正な目で個別的な判断をすることになります。
▲このページのトップに戻る