Q.住宅ローンを手放さずに済みますか?

A.マイホームを維持しながら借金を整理できる場合もあります。

個人再生手続きを利用すれば、借金の何割かはカットされますが、この借金には住宅ローンは含まれていません。
ですから、たとえその他の借金が整理できても住宅ローンの支払ができずに、結局はその住宅ローンの支払のためにサラ金からお金を借りてしまうことも考えられます。
そういったことにならないために、住宅ローン特則が設けられました。
しかし、ここで勘違いしていただきたくないのは、住宅ローン特則はあくまでも約束どおりの住宅ローンを支払うことが困難となった債務者について、住宅を維持し続けられるように住宅ローンの支払猶予を認める制度であって、住宅ローンの支払額をカットする制度ではない、ということです。
つまり住宅ローンの支払期間を延長するに過ぎません。

 

この、制度を利用するには以下の2つの要件を満たす必要があります。

@ 住宅に住宅ローンを担保するための抵当権が設定されていること

『抵当権』には、根抵当権も含まれ、住宅ローンを申込んだ金融機関の抵当権だけでなく、その住宅ローンを保証する会社(保証会社)の付けた抵当権も該当します。

A @の抵当権以外の担保権がついていないこと

以上の要件に当てはまった場合にはじめて、住宅ローン特則を利用することができます。

なお、はじめから住宅を維持するつもりのない人は、住宅ローン特則を利用する必要はありません。

▲このページのトップに戻る