Q.個人再生をすると保証人や親族に迷惑がかかりますか?

A.親族には影響ありません。保証人には全額請求されることを話しておくべきです。
個人再生手続きを申立てても、親族が連帯保証人や連帯債務者になっていない限り全く影響はないので、当然支払義務はありません。

保証人に関しては個人再生手続きの効力が及ばないので、債務者の再生計画が裁判所によって認可されて何割かカットされたとしても、債権者は保証人に対して全額請求できることになります。ですから、事前にすべての事情を保証人に話しておくべきでしょう。
一方、住宅ローン特則を利用して再生計画が認可された場合、その住宅資金特別条項に関しては、連帯債務者や連帯保証人にも効力は及ぶので、保証人等の責任は今までと変わらないということになります。
▲このページのトップに戻る