Q.今後一切借りられないの?

A.引き直し計算をしてもなお債務が残る場合、「信用情報機関」と呼ばれる機関に「事故情報」として記載され、今後5年から7年間はその情報が消えないため、原則的に貸金業者・クレジット会社からは新しい借り入れが出来なくなります。(このことを、俗に、「ブラックリストにのる」などとも言います。)

このことを逆に言うと、5年から7年が過ぎれば、「事故情報」としての記載は消えるため、新しい借り入れ等が問題なくできるようになるということです。

  

金融機関が貸し付けする際に、与信(信用)審査の資料等として利用するために、個人の金融機関からの借り入れ状況等の個人情報を収集管理提供している情報機関があります。

これを「信用情報機関」と呼びます。

具体的には、貸付の「契約内容」、「利用残高」、「支払状況」等の情報が集められています。

これらの情報を利用して、各金融機関は顧客の返済能力を判断し、過剰貸付や貸し倒れのリスクを減らしています。

 

現在、日本には、次の3つの信用情報機関があります。

  

1.全国銀行個人信用情報センター(KSC)

【ここを利用している機関】  銀行・信用金庫(組合)・銀行系 ク レ ジット会社

 

2.株式会社シー・アイ・シー(CIC)

【ここを利用している機関】 信販会社・クレジット会社・リース会社・デパート・ディーラー等

 

5.株式会社日本信用情報機構(JICC)

【ここを利用している機関】 信販会社・消費者金融等

▲このページのトップに戻る